登録販売者の資格のための勉強法

登録販売者,資格,勉強法

登録販売者とは、規制改革による改正薬事法で新設された、一般用医薬品を販売する資格です。これを得るために、一定の医薬品販売の実務経験がある者が、都道府県の行う試験に合格しないといけません。 一般用医薬品といっても、第二類医薬品と第三類医薬品だけに販売できる資格は限られますが。これを取れば給料が上がったり、報奨金がもらえたりするので、是非とも勉強して資格を取ってしまいましょう。薬学部を卒業していればそれほど難しい試験ではありませんので。 さて、登録販売者の勉強法ですが、計画は一年ほどとします。この試験は完全に暗記科目です。だから対策に本(問題集)を一冊買い、その問題集を完璧にできるようになるまで、ボロボロになるまで、繰り返しやるのがいいでしょう。一冊の問題集ができるようになったら、それだけでは問題集の特徴を捉えただけに過ぎなく、同じ問題でも別の角度から問われると答えられるようになっているとは限りません。だから、もう一冊本を買ってこちらも徹底的にやりぬきましょう。忘れても気にしないことです。暗記しても忘れてしまうのは当たり前。覚えて忘れて覚えて忘れてのサイクルが多い人が勝つのです。ですから、繰り返し繰り返し問題を解くことを意識しながら勉強を進めてください。 199

登録販売者の資格試験に受かるためには

登録販売者,資格,勉強法

今多くの人に注目されているのが登録販売者です。登録販売者は第二類から第三類の医薬品を販売することができる資格職です。学校を卒業した後でも資格を取得することが可能なことから大人になってから資格試験を受験する人がほとんどです。 登録販売者の試験に受かるためには薬局での実務経験を積み、受験可能になってから試験を受ける必要があります。試験は筆記試験となっており基本的な薬学の知識が問われます。薬学に関する本や過去問が販売されているため、参考書を購入し試験勉強をすることで合格することができます。試験は都道府県により内容がことなるため自分が住んでいる場所の試験対策をすることが重要です。 登録販売者の試験に合格した後はドラッグストアや調剤薬局で勤務することが可能となります。 試験に合格した後は時給も高くなることが予想されるため多くの人が合格するために勉強をします。 大切なことは薬学を勉強しどのような試験が出ても合格することができる知能を持つことです。また接客業となるためお客様とのコミュニケーションをとる能力も必要となります。 大切なことは受かりたいと思う気持ちを強くもって勉強をすることです。受験可能になるまでに実務経験が必要なため実務経験をつんでいる間に試験対策をする人がほとんどです。 200

更新履歴